初心者がクラウドソーシングでWebライターになる方法

初心者クラウドソーシング Webライティング
副業したいサラリーマン
Webライターになりたい人

Webライターになりたいけど、何からはじめたらいいんだろう?
スキルとか実績とかなくても大丈夫かな?

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • クラウドソーシングでWebライターになる4つの手順
  • 契約を獲得したら必ずやるべきこと

初心者がWebライターになるなら、クラウドソーシングを利用しましょう。

クラウドソーシングは、仕事を依頼したいクライアントと、仕事を探しているワーカーをマッチングするサービスのこと。

この記事を書いている僕は、未経験からクラウドソーシングでライターデビューしました。今では専業ライターとして生計を立てています。

そんな僕が実践してきたことをまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

クラウドソーシングでWebライターになる4つの手順

4つの手順

次のとおり。

  • ①クラウドソーシングサービスに無料登録
  • ②プロフィール作成と本人確認
  • ③稼げそうな仕事を選ぶ
  • ④クライアントに提案文を書く

順番に解説します。

①クラウドソーシングサービスに無料登録

初心者が登録すべきサービスは2つだけです。

どちらも最大手なので、案件がたくさんあってサポートもしっかりしています。

「クラウドソーシングのサービスはたくさん登録すべき」という意見もありますが、混乱するだけでしょう。

この2つで仕事がとれないなら、他のサービスでも同じなので、他のサービスを試すのは慣れてきてからでOKです。

≫参考:クラウドソーシングとは?具体的な仕事内容とおすすめのサイトも紹介

②本人確認とプロフィール作成

サービスに登録したら、まずは本人確認とプロフィール作成を済ませましょう。

クラウドソーシングでは、互いに顔を知らないクライアントとライターが契約を結ぶので、信頼性を担保しておくことが重要になります。

もちろん、プロフィールに書かなければ個人情報が漏れることはないので安全です。

本人確認の方法

本人確認は次の書類のうちどれかを写真でとって送るだけ。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証(クラウドワークスの場合は住民票も)

はやければその日中には、審査が完了して「本人確認済み」と記載されます。

この表示がクライアントからの信頼につながるので、本人確認は必ずやりましょう。

プロフィール作成の方法

プロフィールが空欄、あるいは適当だと信頼感が下がります。

では何を書くかというと、まずは経歴です。

  • ライティング経験(あれば)
  • どんな仕事をしてきたか
  • どんな経験をしてきたか

など仕事につながりそうな内容を書きましょう。

それから「ライターとしてのスタンス」を示すことも信頼感につながります。

  • どんなジャンルの記事を書けるか
  • ライティングで何を大切にしているか
  • 仕事をするうえで何を心がけているか

ここでは誠実さが伝わればOKです。

③稼げそうな仕事を選ぶ

仕事の選び方は次のとおり。

  • ①すでにくわしい分野
  • ②文字単価1円以上
  • ③迷ったらやるべき

①に関してはリサーチの時間が省けるので、該当する仕事を見つけたら提案すべきです。

②の「文字単価」は、1文字にいくらの報酬が発生するかということ。低すぎると費用対効果が悪いので、1文字1円の仕事をねらいましょう。

③は少し精神論っぽいですが、めちゃくちゃ大事です。

初心者のうちは「自分にできるか分からない」と腰が引けてしまいがち。でも消極的な態度では、いつまでたっても契約を獲得できません。

どうせほとんどの提案は通らないので、少しでも気になったら提案してください

クライアントに提案文を書く

気になる仕事があったら、クライアントに提案文を書いて自己アピールします。

提案文でライバルと差をつけるためには「なぜ自分に任せるべきか?」を書きましょう。

具体的には「知識・経験・実績」のどれかを示すことです。何もないなら、同じジャンルの記事を個人的なブログやnoteで書けばOK。

とにかく、他のライターより少しでも優位に立つ文章を考えます。

ちなみに僕がよく使っていたのは、初心者であることを逆手にとる裏技。

例えば、1文字1.5円の仕事に対して「初心者なので1文字1円でいいですよ」と提案します。クライアントからすればコスト削減になるので、契約獲得の確率はたかまるでしょう。

クラウドソーシングで契約獲得したらやるべきこと

やるべきこと

副業したいサラリーマン
Webライターになりたい人

提案文を書くまではわかったけど、契約できてからはどうするの?
経験ないのにちゃんとした文章なんて書けるかな?

という不安がある人も、心配は無用です。

初心者でもベテランでも、契約を獲得したあとにやるべきはひとつ。クライアントの目的に合わせて記事を書くことだけです。

なので、この3つをおさえておけば問題ありません。

  • 質問することでやる気を示す
  • マニュアルがある場合はそれに従う
  • マニュアルがなくても勉強すれば問題なし

順番にみていきましょう。

質問することでやる気を示す

質問のポイントは「記事を読んだあとの読者の行動」です。

  • 商品・サービスを買ってもらいたいのか?
  • サイトやブログのファンになってもらいたいのか?
  • 別記事のリンクをクリックさせたいのか?

理解することで、クライアントの目的に合った記事が書けます。

質問するのは、恥ずかしいことではありません。むしろやる気を示すことができるので、最初のうちは、ひとつの案件に最低1回は質問してください。

マニュアルがある場合はそれに従う

経験上、ほとんどのクライアントがマニュアルを用意しています。

それに従って書けば最低限のクオリティには到達できるでしょう。

SEOや記事構成などライティングの勉強にもなるので、未経験で不安なら「マニュアルあり」の案件を優先的にねらうのもオススメです。

マニュアルがなくても問題なし

マニュアルがないときでも、最低限のWebライティング能力はこの本1冊で身につきます。

価格は3000円しないくらい。1記事でもとがとれるので、事前に読んでおいてもいいでしょう。

加えて、先述したとおりクライアントに質問をすれば、レベルの高い記事を書くことは難しくありません。

まとめ:Webライターはクラウドソーシングで成長できる

まとめ

記事のポイントをまとめます。

  • Webライターになるならクラウドソーシング1択
  • オススメはクラウドワークスとランサーズ
  • プロフィールと本人確認で信頼性を担保
  • 1円以上の案件があったら迷わず提案
  • 提案文でライバルよりも優位にたつ
  • やる気を示すために質問をしよう
  • マニュアルがある場合は必ず従うこと

こんな感じ。

Webライターとして成長したいなら、実践を通して学ぶのが一番です。

失敗を恐れずに、まずは行動しましょう。

最初に登録すべきサービス2つ

Webライティングの勉強をするならこの本

コメント

タイトルとURLをコピーしました