【大前提】ネットショップでは何を売るべき?売れるものを探すコツ

ネットショップ売れるものアイキャッチ 副業
副業したいサラリーマン
ネットショップに興味がある人

どうせやるなら、やりがいのある副業で稼ぎたい。
ネットショップに興味があるんだけど、何を売ったらいいんだろう?

こういった悩み・疑問に答えます。

☑ 本記事の内容

  • ネットショップで売れるものは2種類
  • ネットショップで売れるものを探すコツ

ネットショップは、ネット上に店を出すことで利益を得るビジネスです。

実店舗とは違って、コスト・労力・土地がなくても商品販売ができ、副業にもぴったり。

本記事ではネットショッピングを始めるうえで、大前提ともいえる「商品」の探し方を解説していきます。

ネットショップで売れるものは2種類

売れるもの

ネットショップで売れるものは次の2種類。

  • 既存の商品
  • オリジナルの商品

まずはそれぞれの特徴を解説していきましょう。

既存の商品

すでに売られている商品を販売するパターンです。

得られる利益は、売上から仕入値を引いた額。

そのためメーカー・卸業者から、商品を安く仕入れるのが基本になります。

在庫を抱えたくない場合には、ドロップシッピングというサービスを使って、直送してもらうのもひとつでしょう。

具体的に何を売ればいいのかも後述しているので、参考にしてくださいね。

オリジナルの商品

オリジナルの商品は、ハンドメイドの雑貨・小物から、工場に発注するものまでさまざま。

既存の商品に、新しいデザインやアイデアを付け加えるのもありです。

オリジナル商品はライバルがいないため、高い値段をつけたり、市場を独占できる可能性があります。

一方、デメリットは在庫を抱える必要があるうえに、認知されていない間は売るのが難しいこと。

上級者向けですが、手先が器用だったり面白いアイデアがあるのなら、挑戦するのもひとつでしょう。

ネットショップで売れるものを探すコツ

売れるものを探すコツ

ここからはネットショップで売れるものを探すコツを解説します。

「絶対に売れるもの」なんてない

前提として、出品すれば絶対に売れるものなんて存在しません。

ネットショップでは商品と同じくらい「売り方」が重要です。

それを踏まえたうえで、ネットショップで売りやすいものの特徴を5つ紹介しましょう。

限定品

手に入りにくい商品ほど、ネットショップでは売りやすくなります。

限定品の例を挙げると次のとおり。

  • 地域限定
  • 期間限定
  • 専門的な商品
  • マニア向けの商品

ネットショップならユーザーがどこにいてもアクセスでき、限定品との相性は抜群です。

格安商品

実店舗より安い価格で販売できる商品は、当然ながら売りやすいでしょう。

ネットショップは人件費・維持費などのコストが抑えられるため、価格設定の面で有利。

実店舗の相場と見比べながら、できるだけ安く販売できるものを選ぶのがおすすめです。

店舗で買いにくい商品

ユーザーがネットショップを使う利点のひとつが、商品を自宅に届けてくれるということ。

そのためこのあたりは狙い目になります。

  • 重たい or 運びにくい商品
  • 人に見られるのが恥ずかしい商品

ユーザーの心理を先読みすることも、商品を選ぶうえでは重要です。

定期購入をする商品

ネットショップでは、日用品・化粧品・食品など、定期的に購入する商品もおすすめ。

実店舗で毎回購入するのはわずらわしいうえに、買い忘れをしてしまう可能性があります。

定期購入のシステムをつくっておくことで、長期的な顧客もつきやすくなるでしょう。

贈り物になる商品

ネットショップなら、ギフトやプレゼントを相手の住所に直送できるため、ユーザーの手間がかかりません。

梱包・メッセージカードといったサービスを工夫して、競合との差別化をはかるのもあり。

また季節ごとのイベントに絡めれば、限定品としての訴求も可能です。

「売れるもの」を探す3つのコツ

すべてのビジネスには、ある真理があります。

それは「良いもの=売れるもの」とは限らないということ。

ネットショップで「売れるもの」を探すポイントはこの3つです。

  • ① 市場
  • ② 売り方
  • ③ 集客

ひとつひとつ解説していきましょう。

① 「市場」を見極める

考慮すべきは、売ろうとしている商品の需要の大きさ。

たとえどんなに優れた商品でも、需要がなければ売れることはありません。

商品に需要があるかどうかは、ライバルサイトを調査すれば分かります。

ポイントは次のとおり。

  • どんな商品が
  • いくらで
  • どれくらい売れているか

どれくらい売れているかに関しては、Amazonのランキングが参考になるはずです。

② 問題は商品よりも「売り方」

売りたい商品が決まったら、「誰に売るか?」「どのように売るか?」を明確にしてください。

ネットショップが成功するか否かは売り方で9割決まります。

例えばコーヒー豆を売る場合で考えてみましょう。

  • 年収1,000万円以上の層
  • カフェやレストランの店主
  • カフェインが苦手な人

誰を対象にするかで、コーヒー豆の種類・値段、キャッチコピー、サイトのデザインなどは大きく変わるでしょう。

ライバルに埋もれないために、「ユーザーにとっての行きつけの店」を目指すべきです。

③ 成功の鍵は「集客」

当然ながら、ユーザーの目に触れないと商品は売れません。

ポイントは見つけてくれるのを待つのではなく、ユーザーに積極的なアプローチをしていくこと。

とはいえ「誰に売るか?」が明確なら難しいことはないでしょう。

ユーザーが興味のありそうなこと、悩んでいることを、SNS・ブログなどの媒体で発信していけばOK。

インターネットで集客する具体的な方法については、また別記事でまとめる予定です。

まとめ:時代の変化に合わせられれば最強

ネットショップ売れるものまとめ

あなたが「つくりたい」と思うネットショップはどちらですか?

  • 短期間だけ収益を出して衰退する店
  • 長期にわたって収益を出し続ける店

後者をつくりたいのであれば、つねにユーザーの目線に立って、アンテナを張り続けてください。

情報過多の現代社会では、人々の価値観が目まぐるしく変化していきます。

この変化に合わせて、商品や売り方を柔軟に調整していければ最強です。

ということで今回は以上。

「他におすすめの副業ってないの?」という人は下記の記事をどうぞ。
≫サラリーマンがやるべき副業ランキング9選【選び方も解説】

サラリーマンがやるべき副業ランキング9選【選び方も解説】
サラリーマンの副業をランキング形式で紹介します。また選び方の解説もしているので、参考にしてください。副業は向いていないと思ったらすぐにやめて、別のものを試すことができるので、悩むよりもやってみるのがオススメです。本記事を参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました