シェアリングエコノミーとは?副業におすすめの理由と始め方

副業
副業したいサラリーマン
副業したい人

副業を始めたいけど、何すればいいか分からない。
シェアリングエコノミーって何?
副業でも稼げるの?

こんな悩み・疑問に答えます。

本記事の内容

  • シェアリングエコノミーについて紹介
  • シェアリングエコノミーは副業向き
  • シェアリングエコノミーの始め方

シェアリングエコノミーは副業にもおすすめのビジネスです。

初期費用をかけず手軽に副収入を得たい人は、ぜひ本記事を参考にしてくださいね。

シェアリングエコノミーとは?

シェアリングエコノミーとは

シェアリングエコノミーとは個人の「遊休資産」を、必要とする人にシェア(共有)できるサービスです。

【遊休資産とは?】
使用していない、あるいは有効活用できていない資産のこと。物だけでなくスキル・時間などが幅広く含まれます。

例えば、使っていない家・部屋で民泊を運営したいとき。

シェアリングエコノミーを利用すれば、スムーズに観光客を探して契約を結ぶことができるでしょう。

シェアリングエコノミーの仕組み

シェアリングエコノミーの仕組みを図解するとこんな感じ。

シェアリングエコノミーの仕組み

このように、遊休資産をうまく活用することで、新たな価値をうむことができるのです。

注目されている背景

シェアリングエコノミーは世界中で注目されているビジネスモデルです。

その背景にはあるのがインターネットの普及と、個人を評価するためのシステム

  • 運営側による本人確認
  • SNSとの連携
  • プロフィール情報
  • 利用者の過去の実績を公開

これらの工夫によって、契約前に相手の信頼性が確認できます。

そのため個人間であっても、安心してビジネスを行うことができるのです。

シェアできる資産の例

日本にもすでに数多くのシェアリングエコノミーが存在していて、大きく5つの領域に分類できます。

シェアリングエコノミー領域
出典:シェアリングエコノミー協会

各領域の代表的なサービスは次の通り。

モノ

格安で商品を販売・レンタルするサービスが多くあります。

代表的なサービス例

  • フリマアプリ
  • 洋服・小物のレンタル
  • 廃棄予定の食品を販売

移動

主に移動手段に関わるものです。

代表的なサービス例

  • 自家用車の配車
  • 相乗りサービス
  • 車・自転車のレンタル

お金

アイデアやストーリーを共有することで、不特定多数の人々からお金をつのります。

代表的なサービス例

  • クラウドファンディング
  • 金融サービス
  • 不動産投資

スキル

さまざまな形の労働力を、個人から個人あるいは企業に提供するものです。

代表的なサービス例

  • 専門知識・語学・スキル
  • 家事代行・ベビーシッター
  • 時間・単純労働

くわしいサービスについては、こちらの記事をご覧ください。
≫参考:【2020年】スキルシェアのおすすめサービス30選!副業で稼ぐコツも解説

空間

利用していない空間を個人・企業に提供するというもの。

代表的なサービス例

  • 民泊・シェアハウス
  • オフィス・会議室
  • イベント会場
  • 荷物預かり

このようにシェアリングエコノミーは、アイデア次第でさまざまな資産に価値を見出すことができます。

シェアリングエコノミーは副業におすすめ!

シェアリングエコノミーおすすめ

ここからはシェアリングエコノミーを副業にするメリット・デメリットを紹介しましょう。

副業にするメリット

まずメリットはこんな感じ。

  • コストがほとんどかからない
  • スキマ時間を有効活用できる
  • アイデア次第で可能性は無限
  • 社会貢献ができる
  • 今後さらに市場が拡大していく

シェアリングエコノミーは、すでに所有している資産を使うだけなので、手軽に副収入を得ることが可能です。

副業にするデメリット

一方、デメリットを挙げるとしたらこのあたりですね。

  • 補償がないこともある
  • 収入は不安定になりがち
  • 個人間でトラブルの可能性あり

資産を利用したい人がいなければ収益はゼロです。

安定した収入を得るためには、別の副業と組み合わせるのがいいかもしれません。
≫参考:サラリーマンがやるべき副業ランキング9選【選び方も解説】

またサービスを利用する前は、トラブル回避のために規約・サポート体制を十分に確認しましょう。

シェアリングエコノミーの始め方

シェアリングエコノミー始め方

シェアリングエコノミーの始め方は4ステップです。

  • ① シェアできるものをピックアップ
  • ② 誰にシェアするかを考える
  • ③ 利用するサービスを選ぶ
  • ④ 信頼を積み重ねる

それぞれについて、くわしく解説していきましょう。

① シェアできるものをピックアップ

まずはあなたの遊休資産を、次の枠組みを参考にしながら考えてみましょう。

  • モノ
  • 移動手段
  • お金
  • スキル
  • 時間・労力
  • 知識・経験
  • 空間

少なくとも30分は時間をとって、じっくり書き出してください。

提供可能かどうかは考えなくてOKです。
新しいビジネスに発展するかもしれないので。

② 誰にシェアするかを考える

あらゆるビジネスの基本は、ユーザーの視点に立つこと。

同じものを売って儲かる人と儲からない人の差はここにあります。

シェアする相手を明確にするリスト

  • 性別は?
  • 年齢は?
  • 居住地域は?
  • 職業は?
  • 年収は?
  • 家族構成は?
  • 価値観は?
  • なぜ必要なのか?

架空の人物でも構いません。

まずはこのリストを元に、シェアする相手とそのストーリーを明確にしましょう。

万人ウケを狙うより、一人に刺さる売り方をした方が、結局は多くの人に興味をもたれます。

③ 利用するサービスを選ぶ

  • 何をシェアするか
  • 誰にシェアするか

この2つを基準にシェアリングエコノミーを選んで登録します。

コツは、関連しそうなサービスにはすべて登録すること。

そのうえで、どのようなものがシェアされているか、どのような人が利用しているかを調べてみましょう。

国内で利用できるサービスは下記記事が参考になります。
≫参考:【2020年5月版】シェアリングエコノミー完全比較ランキング350選

ぴったりなサービスが見つかったら、さっそく利用してみてください。

④ 信頼を積み重ねる

個人でやるシェアリングエコノミーでは、何よりも「信頼」が重要です。

まずはSNSとの連携や本人確認など、信頼性を担保できるシステムをとことん利用してください。

また利用者との誠実・丁寧なコミュニケーションを心がけましょう。

するとシェアを繰り返すうちに、評価実績が積み重なっていきます。

評価実績があれば、競合との差別化ができ、どんどん稼ぎやすくなるはずです。

まとめ:シェアリングエコノミーは将来性あり

シェアリングエコノミーまとめ

最後に記事の内容をまとめます。

  • シェアリングエコノミーは資産をシェアするサービス
  • シェアリングエコノミーはモノ・移動・お金・スキル・空間の5領域
  • シェアリングエコノミーはコストをかけず手軽に副収入を得られる
  • シェアリングエコノミーでは誰に何をシェアするか明確にするのがコツ
  • シェアリングエコノミーで最も重要なのは信頼

今後、シェアリングエコノミーの市場はさらに拡大していきます。

今のうちから知識・経験を深めておけば、それは必ずあなたの武器になるでしょう。

そのためにも、まずは本記事を参考に、副業としてさまざまなサービスを利用してみてください。

なお、他の副業についても知りたいという方はこちらの記事をどうぞ。

≫サラリーマンがやるべき副業ランキング9選【選び方も解説】

サラリーマンがやるべき副業ランキング9選【選び方も解説】
サラリーマンの副業をランキング形式で紹介します。また選び方の解説もしているので、参考にしてください。副業は向いていないと思ったらすぐにやめて、別のものを試すことができるので、悩むよりもやってみるのがオススメです。本記事を参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました